• iPhone7sは充電が減りやすい

    iPhone7sを始めとしたスマートフォンは、その便利さもさることながら充電が減りやすくて困っているという人も少なくありません。

    いざという時のためにケーブルは常備している人が大半ですし、念のためにバッテリーも持ち歩いている人も多いです。

    それでも駄目な時には充電をするためにカフェなどのお店に入ったりすることもあります。

    朝は100%の状態であったとしても、放っておいたら昼ぐらいには半分以下、夕方まで電池が保っていられれば安心できるという事もあります。

    その為、普段からiPhone7sの充電の減りが早いと感じている時には、なるべく減らないように様々な対策をしていくといいでしょう。



    充電を減らさないためには、設定をいろいろと変更していくのも効果的です。
    位置情報やプッシュ通知などは、様々な通信を行っているので、これをオフにするだけでもかなり改善されたりします。
    頻繁に使う人はオンにしておいた方がいいかもしれませんが、この機能はなくてもいいなら切ってしまいましょう。

    goo ニュースの補足説明を致します。

    メール関連の設定や、Wi-Fiに関してもオフにするか機内モードにしておく事で余分な通信を減らす事ができますので、iPhone7sの充電の節約が出来ます。



    誰もがiPhone7sなどのスマートフォンは電池が切れやすいものと思っているかもしれませんが、そうではありません。無駄な設定などはなるべく使わないようにすれば、充電の消費も抑えられますので、一度確認してみて下さい。